HOME街ネタブログ > 山口の郷土料理「瓦そば」

街ネタブログ

山口の郷土料理「瓦そば」

GWが終わりましたね。
今日からお仕事の方も多いのではないでしょうか。

私は広島県民の友人の、「瓦そばが食べたい」という
リクエストに応え、ならば本場のものをということで、
山口県下関市にある川棚温泉「たかせ」まで行ってきました。

瓦そばの起源は、1877年(明治10年)の西南戦争の際、熊本城を囲む薩摩郡の兵士たちが野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話を参考にして、1961年(昭和36年)に川棚温泉で旅館を営む高瀬真一さんが宿泊客向けの料理として再発されたそうです。

瓦の上でパリパリになった茶そばに、錦糸卵・甘辛く味付けされた牛肉が乗っかり、刻みネギ、ノリ、レモンと紅葉おろしが添えてあります。
これを暖かいめんつゆにつけて食べます。

家庭でも作れるので(瓦は使いません笑ホットプレートなどで代用します)
是非、食べてみてください。

ただ、家で何度やっても本場の味が再現できないんですけどね…
(あたりまえか)


元祖瓦そば たかせ 川棚本館
山口県下関市豊浦郡大字川棚5437
082-772-2680