HOME連載記事働く女性の本音 > 働く女性の本音 vol.32

連載記事

働く女性の本音 vol.32

働く女性の本音_tittle

wooman32main



小澤 真紀子さん

色彩生活コーポレーション株式会社
プランニングマネージャー/カラーコンサルタント

 

■プロフィール■
広島県出身。大学卒業後、
富士通株式会社(総合職)に就職、
10年近くの勤務を経て、
2002年に色彩生活コーポレーションに入社。
現在マネージャー職を務める。
企業のブランド戦略やレクチャー業務と
仕事は多岐にわたるが、
健康の秘訣は「よく食べ、よく眠る」こと。
眠ることで日々をリセットし、
翌朝新たな配色やデザインが浮かぶこともあるそう。


いつまでも、小さな発見に

感動できる人間でありたい。


企業・商品・サービスなどをデザイン・色彩面からブランディングしていく業務、企業研修や講演会、カラースクールなどで講師として講壇に立つレクチャー業務、この2つを仕事の主軸としているのが小澤真紀子さん。製造業が盛んな広島の地において、色彩やデザインが企業価値や売り上げを大きく左右することもある中、妥協のないコンサルティングで多くのブランド戦略を成功させている女性です。ブランディング業務は常に自分の中の既成概念を破り続けねばならず、難易度の高い仕事がほとんどだそうですが、だからこそ刺激に溢れ、自身のスキルアップには事欠かないそう。「毎回無我夢中でやっているんですよ。周りからはあまりそう見られないけど」と笑う小澤さん。そしてそうした実務が良質であればあるほど、レクチャー業務で生徒さん達に伝える内容も良いものになるのだと、現在の仕事バランスにとてもやりがいを感じているのだとか。「実務もレクチャーもアウトプットの仕事です。実務はクライアント様の成果につながる手法、レクチャー業務では生徒さんの将来につながる手法を、お伝えさせいただくことを大切にしています。だからこそ、自分自身がまず、いつまでも小さな発見に感動できる人間であり続けたいと思っています」。

そんな小澤さんは、出張先や旅行先では百貨店のメンズ館を頻繁に訪れ、「女性の商品はカラーバリエーションも多いけど、男性のものは限られてくる。だからこそ、微妙な色や質感の差が際立ち、とてもワクワクします」という、彼女ならではの過ごし方をするそう。また、ビジネススーンでも〝仕事のテイストに合わせた色〟〝プレゼンする商品が引き立つ色〟を着こなすなど、公私ともにまさに色のプロフェッショナル。「色彩を学ぶと、生徒さんの多くは苦手な色がなくなる傾向にあります。今迄遠ざけていた色に積極的にチャレンジできると、視野が広がり自信にもつながるようです」と小澤さん。今後は、ブランディングとレクチャー業務という仕事の両輪をより強固なものにし、強い思いで依頼される企業を、色やデザインの力でもっともっと元気にしていきたいのだと、力強く語ってくれました。



働き女子のカバンと中身


wooman32sub01

バッグ(Chloé)

頑丈で、書類もノートパソコンもすっぽり。仕事終わりに予定がある日はそのままクラッチとしても活用できる。グレイッシュなグリーンがお気に入りポイント。/p>

wooman32sub02

ヘアオイル(wen)

上質なオリーブオイルや植物性の原料を厳選してブレンドしたアメリカ原産のヘアオイル。乾燥の季節、適量を手に取り髪の乾燥が気になる部分へ塗れば、ツヤと潤いをキープしてくれる。

wooman32sub03

配色カード(日本色研)

仕事の必需品で、クライアントとの簡単な打ち合わせにも使うほか、外出先で気になった色を記憶するためにも使う。小澤さんは仕事用とプライベート用の2冊を持っている。

wooman32sub04

龍角散ダイレクト(株式会社龍角散)

生薬成分がのどに直接作用し、弱ったのどの働きを回復。レクチャー業務など人前で話すことの多い小澤さんの必須ケアアイテムで、水なしで服用できるのもポイント。

wooman32sub05

仕事の必需品セット

名刺入れ・ペンケース・スケジュール帳など、ビジネスシーンに欠かせないアイテム類。特にスケジュール帳は、クライアントとの打ち合わせでデザインラフを描き込むのにも使用する品。



働き女子に10の質問



Q1.座右の銘は?


  プロとは偉大な素人である

Q2.最近ハマっていることは?


  メンズ館(一番のお気に入りは、阪急メンズ東京)

Q3.これだけは譲れないことは?


  小さい頃から毎晩欠かさずやっている靴のお手入れ

Q4.行きつけの飲食店は?


  クライアント様のお店へ行くことが多い(ラクレットを月1回くらい食べられる行きつけがほしい!)

Q5.何フェチ?


  素材や質感フェチ(仕事柄、紙の厚みなどもとても気になる)

Q6.幸せだと感じる瞬間は?


  プロジェクトをやり終えた早朝

Q7.無人島に1つだけ持ち込めるとしたら?


  ミラー(他人に見られなくなる=自分を客観視できないと人間ダレてくるから、自分を保持するために)

Q8.最近感動したことは?rong>


  落とし物を拾ってくれた方と縁があり、仕事を一緒にさせてもらうことになったこと

Q9.今一番欲しいものは?


  本に囲まれて死にたいくらい本が大好きなので、書斎

Q10.10年後は何をしている?


  変わらず、広島の企業や自分磨きに来ている生徒さんを元気にしていたい