HOME連載記事漢方のエキスパート!千幸先生コラム > 2017年12月「皮膚コラム」指で計る、老化度チェック

連載記事

2017年12月「皮膚コラム」指で計る、老化度チェック

千幸堂_皮膚コラム

指で計る、老化度チェック

最近、老化の原因として注目を浴びつつある糖化、AGEs(エージーイー)最終糖化産物。
糖化は体内の老化と密接に関係し、見た目の老化はもちろん、骨や血管などへ悪影響があります。
このAGEsとは、一体どのようなものなのか、また手軽にAGEsの量を測定できるマシンも紹介します。



AGEs(エージーイー)とは

病気や体調不良を引き起こす老化物質AGEs。偏った食生活や運動不足など、生活習慣の乱れにより体内の糖が過剰になると、AGEsの生成が加速され、血管や骨、皮膚など、様々な組織に蓄積されます。AGEsを含む食べ物は私たちの周りに数多く存在し、特に唐揚げ、フライドポテト、ホットケーキなどに多く含まれています。AGEsが蓄積されると肌や脳の老化に伴う認知症をはじめ、場所によっては脳梗塞や心筋梗塞などの脳血管障害、白内障、骨粗鬆症など、身体のあちこちで悪影響を及ぼします。


AGEsとは



なぜ今、AGEsが注目されているのか

健康的な生活を送っている人は、加齢にともなうAGEsの蓄積はそれほど多くはありません。しかし、不適切な食生活や生活習慣、運動不足などにより、AGEsの体内での蓄積は急激に増加していきます。このため、AGEsは生体内における「生活習慣のバイオマーカー」と言われ、そのAGEsスコアは、いわばその人の「生活習慣の成績表」と言えます。近年、体内で生成されるAGEsが、老化に関与するとして注目が集まり、医療や美容、食品など、様々な分野で研究が進められています。老化に関与するといわれていることから、健康状態を表す新しい指標としても注目されています。


老化原因となるAGEsの体内蓄積レベルを指先で簡単に測定

中四国初!となるAGEsセンサは左手中指の先を測定部に挿入するだけで、AGEsの蓄積レベルを簡単に測定できます。


【 3つの特徴 】

1.指先を挿入するだけで「AGEs(最終糖化産物)」体内蓄積レベルを測定
2.血液採取が不要な上、30~60秒の短時間で測定
3.測定結果は5段階評価や同世代と相対比較した順位で表示し、印字も可能



AGEs検査01

①まず年齢を入力。

AGEs検査02

②左手の中指を挿入して
 30秒待つ。

AGEs検査03

③AGEsスコアでAGEsの
 蓄積レベルを表します。

AGEs検査04

④測定後結果は感熱紙に
 プリントアウトし、
 持ち帰れます。

〜 千幸堂では1回¥500で測定できます 〜



AGEsは一度溜まると体外に排出されないと言われています。ところが近年、高麗ニンジンや熊笹の薬膳茶などで体外に排出できるということが言われています。
長年溜めてしまった、AGEsを漢方で排出していきましょう。



千幸堂